沿革


2018年 9月 高効率マウンター(ヤマハ発動機製)、3D外観検査装置(ヤマハ発動機製)、省エネN2リフロー炉(千住金属工業製)導入
2017年 9月 ISO9001:2015版へ移行
ISO14001:2015版へ移行
2013年 3月 3Dプリンター、3D CAD導入
2013年 3月 本社南工場(清須市朝日愛宕41番地)新設 (第三工場、第四工場他より移動)
第二工場を本社東工場と改名
2012年 1月 名古屋中小企業投資育成株式会社より投資を受ける
2011年 9月 蘇州共同電子科技有限公司(中国蘇州市呉中区胥口鎮繁豊路283号)設立
2011年 4月 第四工場完成(清須市朝日愛宕125番地)
2010年10月 「平成21年度ものづくり中小企業製品開発等支援助成金」による耐油性防水型LED照明灯の開発
2010年 5月 第三工場完成(清須市朝日愛宕49番地)
2010年 3月 JAPAN SHOP SYSTEM AWARDS にてLED照明灯の蛍光灯型(K013シリーズ)が奨励賞に入選
2009年12月 冷熱衝撃試験機、恒温恒湿器導入
2009年11月 ISO9001:2008版へ移行
2008年 5月 創業30周年
2007年12月 ISO14001:2004取得
2007年10月 万能・高信頼・高精度・高速クリームハンダ印刷機(ヤマハ発動機製)導入
2007年 7月 モジュール型・万能・高精度・高速マウンター(ヤマハ発動機製)導入
2006年12月 LED照明機器の設計・製作・販売を始める
2005年11月 第二工場完成(清須市朝日愛宕82番地)
高速・高精度・汎用モジュールマウンターと超高精度・汎用モジュールマウンター
(ヤマハ発動機製)を導入
2005年10月 ISO9001:2000取得
2002年 6月 愛宕工場新設に伴い貝塚工場から移転
(清須市朝日愛宕88番地)
2001年 1月 本社と本社工場の間を増設し、一体化する
1994年 4月 順次チップマウンターを増強
1991年 9月 資本金2,000万円に増資
1991年 6月 貝塚工場完成(清須市朝日貝塚233番地)
表面実装の自動ラインを完成、少量多品種はもとより量産まで生産可能となった
1989年 3月 本社工場増設(清須市朝日愛宕85番地)
工作機用制御装置の組立専用工場とし、増産を図る
1987年12月 チップマウンターの導入開始
表面実装を開始
1985年 3月 工作機用制御装置の組立、ハーネスの加工を開始
1982年12月 現住所に本社工場を完成
自動半田付け装置を導入、本格的に産業用基板の組立を開始
1981年10月 株式会社 協同電子を設立 古澤清次が代表取締役に就任
資本金を600万円とする
1981年 2月 現住所に作業場を完成(清須市朝日字愛宕83番地)
医療機用プリント基板の組立を開始
1978年 5月 現社長古澤清次が協同電子を自宅にて創業開始
主に単品物の設計、製作、取付工事を始める